HOME | main | つかはらペインクリニック
 
つかはらペインクリニック 概要
 
つかはらペインクリニック アイコン

 
 

 
Point① 患者さんの気持ちを和らげる癒しの空間
 

    ペインクリニックとは、痛み(=ペイン)を緩和し、日常生活を快適に送るための支援を行うクリニック。
 
「イオンという小さな町にできた、学校の保健室のようなほっとする空間」というコンセプトの元、
設計・デザインをさせて頂きました。
 
何らかの辛さを抱えた患者さんを優しく迎え入れる場所として、
白・水色・ピンクの柔らかい配色を基調に、癒しのデザインを随所に散りばめたクリニックです。
 
つかはらペインクリニック 外観
つかはらペインクリニック 内装
つかはらペインクリニック 内装

 
 

 
Point② グラフィックツールまでトータルブランディング
 

初めて行く病院って、なんだか緊張しませんか。
「どんな雰囲気の病院なんだろう」「先生はどんな人かな」…気になりますよね。 
そこで大切なのが「ブランディング」です。
 
クリニック業界でも、昨今デザインにこだわった医院さんがどんどん増えていますが、
それはただおしゃれにしたいから!という理由ではありません。
患者さんが病院を選ぶとき、その病院がどういう病院なのか、自分に合っているかどうかを判断する材料を、
「デザイン」によって分かりやすく示すためなのです。
つかはらペインクリニック アイコン
つかはらペインクリニック モチーフ
今回のプロジェクトでは、クリニックのコンセプトに合わせ、
ロゴのご提案を始めとして名刺や診察券、封筒などのグラフィックツールまでトータルでご提案させて頂きました。
 
ロゴの小鳥は、痛みや苦しみから開放され軽やかに空に舞い上がっていくというストーリーを、
ひらがなの「つ」をモチーフに表現したもの。
 
院長先生のふんわりとした優しい雰囲気や、
スタッフさんは女性が中心という医院の特徴が伝わるようなデザインを心掛けました。
建築や内装からトータルでデザインすることで、
クリニックのイメージに統一感を持たせ、より患者さんに認知してもらいやすくすることができるのです。
つかはらペインクリニック グラフィックツール